準備

広襟の長襦袢の縫い方。

広襟は、下準備をきちんとしないと、着物が綺麗に着られないですよね。

背中心から肩明まで、広襟を半分に折ります。

身頃についている襟の方をだぶらせて縫います。

かなり無理やりに縫うので、かがらないと縫えません。

襟芯を入れ、中心を決めて、ピンチを止め、襟芯の先で、襟幅を決めてからピンチでとめて、折って片方を少し引っ張ります。

襟先に向かって縫っていきます。
襟芯の先で、半襟を引っ張って着物から半襟が見えるところを、綺麗に見えるよう縫います。

襟芯が無くなっても、自然に襟幅が無くなるまで、おおきく縫います。

着崩れしない、美しい着付けができます!
さあ、皆さんやってみて下さい。^_^

着付け師 奥久美子